研究所ニュース No.4542019.09.12(木)

平成2019年9月10日

文部科学省あて「研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン」に基づく取組状況に係わるチェックリストの提出

文部科学省が平成26年8月に制定した標記ガイドラインを踏まえた、体制整備等の取組状況の提出要請がありました。

当研究所では、研究者自身ならびに科学コミュニティの規律・自律を基本としつつも、研究機関が組織を挙げて不正行為を発生させない体制を構築し、研究機関として果たすべき役割・責任を全うし、社会の要請に応えることを基本方針として、まずはリサーチメンター制度の導入等、研究活動における不正行為防止に係わる体制の整備を行っております。

文部科学省あて「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実地基準)」に基づく体制整備等自己評価チェックリストの提出

科学研究費補助金等の公的研究費の管理・監査については、厳粛な運営が求められております。

当研究所では、代表理事を最高管理責任者として、研究員・事務職員一体となってコンプライアンスを基本とした「行動規範」に則った運営を引き続き推進してまいります。

令和2年度 科学研究費補助金の公募開始

令和2年度の科研費補助金の公募がはじまりました。

当研究所への申請提出は10月23日(水)締切りとなります。尚、申請書は日本学術振興会のホームページ(http://www.jsps.go.jp/)よりダウンロードして下さい。

これに併せて、文部科学省主催の科研費制度をめぐる最近の状況、公募要項(今年度の変更点)、研究費の不正使用の防止、研究活動における不正行為の防止等、事務手続きの確認をいたしました。

2020年度 助成研究(下期分)を募集

2020年度の成人病に関する助成研究を9月より募集いたします。

募集締切りは11月末日です。応募要項は、冲中記念成人病研究所のホームページhttp://okiken.tokyo(虎の門病院のホームページからも進めます)、大学医療情報ネットワーク(UMIN)、国家公務員共済組合連合会職員広報誌(連合会だより)等に掲載いたします。

「医学研究助成」入選

公益財団法人 大樹生命厚生事業団主催の「第52回 医学研究助成」に、児玉 暁研究員の研究課題名「尿中塩分排泄量を用いた減塩プロジェクトによる高血圧、脳卒中患者激減への挑戦」が採択されました。

寄付ご芳名

研究所ニュース453号以後、下記の方よりご寄付がありました。

石井 寬 様 猪子 喜男 様

貴重なご寄付につきましては、ご芳志に添うよう医学研究のため役立たせていただきます。誠にありがとうございました。
みなさまのご健勝、ご多幸を心からお祈り申し上げます。

当研究所は、第2代虎の門病院長、冲中重雄先生の文化勲章受章(昭和45年11月)を記念し、政・財界の支援を得て昭和48年5月設立いたしました。 虎の門病院と密接な関係のもと、成人病(生活習慣病)の臨床的及び基礎的研究を行っております。
研究実績を臨床の場に還元できますよう一層努力してまいる所存でございます。
今後とも皆様のご支援ご指導をよろしくお願い申し上げます。

Copyright © 2019 冲中記念成人病研究所 All Rights Reserved.