今月の研究者

宇留賀 公紀

宇留賀 公紀

1) キャリア
私は2007年より虎の門病院 呼吸器センター内科医員として勤務し、吉村 邦彦 元部長、岸 一馬 元部長、髙谷 久史 部長代行の下で診療および研究を行ってきました。この間、肺癌などの悪性腫瘍、肺炎や肺真菌症といった感染症など、数多くの症例経験をさせて頂きました。虎の門病院は稀な症例や病態が難しい症例が多く、その様な患者さんの診療をしていく中で、画像診断や採血などの諸検査だけでは解決できない様々な疑問が生じ、虎の門病院 病理診断科 藤井 丈士 部長より肺病理を教えて頂くようになりました。その後、病理を基礎にした臨床研究を始め、東邦大学大森病院 呼吸器内科 本間 栄 教授の下で肺腫瘍塞栓に関する病理・臨床的な解析をテーマにした研究を行って学位を取得しました。共済医学会より海外留学の機会を頂き、2014年4月から2015年3月までハーバード大学医学部、マサチューセッツ総合病院 病理部 研究員として、Eugene J. Mark教授とMari Mino-Kenudson教授の指導を受けました。当時、肺癌に対する新しい治療である免疫チェックポイント療法としてニボルマブが2015年3月に米国で、同年7月に日本で承認される直前であり、免疫チェックポイント療法の作用機序や効果予測因子についての研究が盛んに行われていました。留学中に、同時期に留学していたトルコ人病理医Emine Bozkurtlar先生とともに、肺腺癌の外科切除例におけるProgrammed cell Death ligand 1(PD-L1)とCD8の免疫染色による検討を行って論文としてまとめました。帰国後は、虎の門病院 呼吸器センター内科、分院 呼吸器内科の医員として診療を行うとともに肺病理の研究も継続し、肺癌のWHO分類 第4版で新たな浸潤の概念として導入されたTumor spread through air spaces(STAS)やEGFRチロシンキナーゼ阻害剤の耐性機序に関する検討を行って論文として発表いたしました。また、マサチューセッツ総合病院 病理部の共同研究にも参加させて頂いています。

2) 研究分野
1. 薬剤耐性に関する研究
 外科治療または根治的放射線化学療法が困難な肺癌に対して、従来からの殺細胞性抗癌剤に加えて、分子標的薬や免疫チェックポイント療法などを組み合わせることにより、奏効率や無再発生存期間は改善してきています。しかし、いずれの薬剤も治療過程で耐性が生じて、肺癌を根治させるには至っていません。耐性機序について病理学的、分子生物学的な解析を行い、耐性化した場合にどの様な検査や治療を行っていくのが最良であるかの研究を行っています。
2. 外科切除例の予後改善に関する研究
 現時点で肺癌を根治できるのは外科治療がほとんどで、内科治療では根治的放射線化学療法の一部の症例です。また、外科治療後に病期が進行している症例では抗癌剤治療を追加することで、再発率を下げ予後を改善することが報告されています。病期のみでなく、再発のリスクとなるより詳細な病理学的や分子生物学的特徴を探索する研究を行っています。

3) 今後の抱負、アピール
 これらの研究を通じて、患者さんへより良い治療を提供できればと考えております。そして研究成果を世界に発信して、診断や治療のガイドラインを変えることを目標としています。

発表・論文

主な発表・論文
Ⅰ. 原著 (英語)

1.Problems in the Reproducibility of Classification of Small Lung Adenocarcinoma: An International Interobserver Study.
Shih AR, Uruga H, Bozkurtlar E, Chung JH, Hariri LP, Minami Y, Wang H, Yoshizawa A, Muzikansky A, Moreira AL, Mino-Kenudson M.
Histopathology. 2019:in press.

2.Transformation of epidermal growth factor receptor T790M mutation-positive adenosquamous carcinoma of the lung to small cell carcinoma and large-cell neuroendocrine carcinoma following osimertinib therapy: an autopsy case report.
Moriguchi S, Uruga H, Fujii T, Yasunaga Y, Takahashi Y, Kishi K.
Respirol Case Rep. 2019 Feb 21;7(3):e00402.

3.Gefitinib successfully administered in a lung cancer patient with leptomeningeal carcinomatosis after erlotinib-induced pneumatosis intestinalis.
Uruga H, Moriguchi S, Takahashi Y, Ogawa K, Murase K, Mochizuki S, Hanada S, Takaya H, Miyamoto A, Morokawa N, Kishi K.
BMC Cancer. 2018;18(1):825.

4.Semiquantitative Assessment of Tumor Spread through Air Spaces (STAS) in Early-Stage Lung Adenocarcinomas.
Uruga H, Fujii T, Fujimori S, Kohno T, Kishi K.
J Thorac Oncol. 2017;12(7):1046-1051.

5.Programmed Cell Death Ligand (PD-L1) Expression in Stage II and III Lung Adenocarcinomas and Nodal Metastases.
Uruga H, Bozkurtlar E, Huynh TG, Muzikansky A, Goto Y, Gomez-Caraballo M, Hata AN, Gainor JF, Mark EJ, Engelman JA, Lanuti MD, Mino-Kenudson M.
J Thorac Oncol. 2017;12(3):458-466.

6.Programmed Cell Death Ligand 1 Expression in Resected Lung Adenocarcinomas:Association with Immune Microenvironment.
Huynh TG, Morales-Oyarvide V, Campo MJ, Gainor JF, Bozkurtlar E, Uruga H, Zhao L, Gomez-Caraballo M, Hata AN, Mark EJ, Lanuti M, Engelman JA, Mino-Kenudson M.
J Thorac Oncol. 2016;11(11):1869-1878.

7.Antemortem diagnosis of pulmonary tumor thrombotic microangiopathy in a patient with recurrent breast cancer: a case report.
Takahashi Y, Uruga H, Fujii T, Mochizuki S, Hanada S, Takaya H, Miyamoto A, Morokawa N, Kurosaki A, Kishi K.
BMC Cancer. 2016;16:666.

8. Pulmonary tumor thrombotic microangiopathy: a clinical analysis of 30 autopsy cases.
Uruga H, Fujii T, Kurosaki A, Hanada S, Takaya H, Miyamoto A, Morokawa N, Homma S, Kishi K.
Intern Med. 2013;52(12):1317-23.

9.Cavitary pulmonary infection with Mycobacterium avium observed by bronchoscopy.
Uruga H, Suzuki A, Hanada S, Takaya H, Miyamoto A, Morokawa N, Fujii T, Kurosaki A, Kishi K.
J Bronchology Interv Pulmonol. 2012;19(4):332-5.

10.Diagnostic efficacy of CT-guided transthoracic needle biopsy and fine needle aspiration in cases of pulmonary infectious disease.
Uruga H, Takaya H, Hanada S, Beika Y, Miyamoto A, Morokawa N, Kurosaki A, Fujii T, Kishi K.
Jpn J Radiol. 2012;30(7):589-93.

11.Efficacy of gefitinib for elderly patients with advanced non-small cell lung cancer harboring epidermal growth factor receptor gene mutations: a retrospective analysis.
Uruga H, Kishi K, Fujii T, Beika Y, Enomoto T, Takaya H, Miyamoto A, Morokawa N, Kurosaki A, Yoshimura K.
Intern Med. 2010;49(2):103-7.

Ⅱ. 原著 (日本語)

1.肺結核遺残空洞のCunninghamella bertholletiaeの1例.
宇留賀 公紀, 米花 有香, 森口 修平, 黒崎 敦子, 藤井 丈士, 岸 一馬.
感染症学雑誌. 2017;91(5):769-72.

2.喀痰塗抹検査陰性肺結核症例の臨床的検討.
宇留賀 公紀, 森口 修平, 高橋 由以, 小川 和雅, 村瀬 享子, 花田 豪郎, 宮本 篤, 諸川 納早, 岸 一馬.
結核. 2017;92(3):361-4.

3.間質性肺炎を合併した既治療非小細胞肺癌に対するペメトレキセド単剤投与の検討.
小川 和雅, 宇留賀 公紀, 高橋 由以, 竹安 真季子, 佐藤 寿高, 望月 さやか, 花田 豪郎, 鈴木 進子, 黒崎 敦子, 岸 一馬.
日本呼吸器学会誌. 2014;3(3):405-9.

4.FDG-PET/CTが施行された抗酸菌症に関する検討.
宇留賀 公紀, 石原 眞木子, 花田 豪郎, 高谷 久史, 宮本 篤, 諸川 納早, 藤井 丈士, 黒崎 敦子, 岸 一馬.
結核. 2014;89(2):39-43.

5. 肺膿瘍44例の臨床的検討.
宇留賀 公紀, 花田 豪郎, 高谷 久史, 宮本 篤, 諸川 納早, 岸 一馬.
日本呼吸器学会誌. 2012;1(3):171-4.

6. 耳下腺多形腺腫由来癌によるPulmonary tumor thrombotic microangiopathyの1剖検例.
宇留賀 公紀, 藤井 丈士, 黒崎 敦子, 花田 豪郎, 高谷 久史, 宮本 篤, 諸川 納早, 岸 一馬.
日本呼吸器学会雑誌. 2010;48(6):463-8.

7. FDG-PETにて高い集積を認めた乾酪性肺炎の1例.
宇留賀 公紀, 村瀬 享子, 黒崎 敦子, 石原 眞木子, 藤井 丈士, 岸 一馬.
日本呼吸器学会雑誌. 2010;48(3):247-52.

8. Hyperattenuating mucoid impactionを呈したスエヒロタケによるアレルギー性気管支肺真菌症の1例.
宇留賀 公紀, 今福 礼, 花田 豪郎, 高谷 久史, 宮本 篤, 杉本 栄康, 諸川 納早, 黒崎 敦子, 藤井 丈士, 岸 一馬.
日本呼吸器学会雑誌. 2010;48(10):749-54.

9. Candida glabrata膿胸の1例.
宇留賀 公紀, 宮本 篤, 米花 有香, 榎本 崇宏, 高谷 久史, 諸川 納早, 岸 一馬, 吉村 邦彦.
日本呼吸器学会雑誌. 2009;47(6):476-80.

10. 胸膜直下のスリガラス影にて発見された胃癌による癌性リンパ管症の1例.
宇留賀 公紀, 豊田 恵美子, 吉澤 篤人, 後藤 悌, 篠原 有香, 平野 聡, 杉山 温人, 小林 信之, 志多 由孝, 相部 仁, 松原 大祐, 工藤 宏一郎.
呼吸. 2008;27(11):1088-9.

11. 抗リウマチ薬内服中に急速に多発空洞陰影を呈したMycobacterium avium症の1例.
宇留賀 公紀, 泉 信有, 放生 雅章, 杉山 温人, 豊田 恵美子, 小林 信之, 工藤 宏一郎.
日本呼吸器学会雑誌. 2008;46(3):195-201.

12. CTガイド下肺生検にて診断しえたpulmonary tumor thrombotic microangiopathyを伴った原発性肺腺癌の1例.
宇留賀 公紀, 諸川 納早, 榎本 崇宏, 高谷 久史, 宮本 篤, 岸 一馬, 黒崎 敦子, 藤井 丈士, 吉村 邦彦.
日本呼吸器学会雑誌. 2008;46(11):928-33.

Ⅲ. 総説

1. ALK (D5F3) CDx: an immunohistochemistry assay to identify ALK-positive NSCLC patients.
Uruga H, Mino-Kenudson M.
Pharmgenomics Pers Med. 2018;11:147-155.

2. Will spread through air spaces be a staging parameter in lung cancer?
Uruga H, Mino-Kenudson M.
J Thorac Dis. 2018;10(2):593-596.

3.肺扁平上皮癌に対する治療戦略
宇留賀 公紀, 岸 一馬, 内藤 陽一
Annual Review呼吸器 2012;226-234

Ⅳ. 著書 (分担執筆)

Lung and Pleural Pathology 1st Edition
Philip Cagle, Timothy Craig Allen.
McGraw-Hill Education, 2016

Copyright © 2019 冲中記念成人病研究所 All Rights Reserved.