今月の研究者

落合 頼業

落合 頼業

1)キャリア
2012年に山梨大学医学部を卒業後、虎の門病院に入職しました。内科初期研修・後期研修を経て、2017年より消化器内科 消化管グループの医員となり、現在に至ります。臨床面では消化管腫瘍に対する内視鏡治療・機能性消化管疾患など専門的な分野を含む、消化管疾患全般の診療を行っています。研究面では臨床研究に加え、2017年に千葉県がんセンターで基礎研究の手技を学び、2018年より東京大学臨床研究棟で三次元培養であるオルガノイド培養に関する研究を継続的に行っています。

2)研究分野
臨床研究では内視鏡治療(主にESD)に関する研究、また逆流性食道炎・機能性食道疾患などの良性疾患に関する研究を中心的に行っています。基礎研究ではマウス腸管細胞由来のオルガノイド発癌モデルを用い、薬剤感受性試験を行っています。今後はこの技術を臨床に応用するため、内視鏡的に採取した生検検体あるいは手術検体を用いて、より確実なオルガノイド培養法を検討するための多施設共同研究を計画しています。長期的な目標として、臨床検体由来のオルガノイド培養を用いた遺伝子変異の検索や薬剤感受性試験など、臨床と基礎を掛け合わせた研究を進めていきたいと考えています。

3)今後の抱負
虎の門病院に入職してから、多くの方々との出会い・ご縁があり、日々ご指導いただきながら臨床・研究ともに継続することができました。このような環境に感謝しつつ、臨床においては引き続き内視鏡に関する研究を行い、新たなエビデンスを構築していきたいと思います。また冲中記念成人病研究所にサポートいただき、基礎的な研究を並行して行うことで、当院でしかできないインパクトのある研究を発信していくことを目標としています。

発表・論文

主な業績(筆頭著者のみ)

1. The Evaluation of Esophageal Endoscopic Findings in Patients with Functional Esophagogastric Junction Outflow Obstruction.
Ochiai Y, Kikuchi D, Nomura K, et al. Internal Medicine. 2021 Mar 8. doi: 10.2169/internalmedicine.6715-20. Epub ahead of print.

2. Large Fundic Gland Polyp Associated with Long-Term Proton Pump Inhibitor Administration Mimicking Gastric-Type Neoplasm.
Ochiai Y, Kikuchi D, Ito S, et al. Case Report in Gastroenterology. 2021 Feb 3;15(1):123-130. doi: 10.1159/000512399.

3. Cytomegalovirus ileitis with protein-losing enteropathy in an immunocompetent adult.
Ochiai Y, Hoteya S, Kono K, et al. Clinical Journal of Gastroenterology. 2021 Mar 20. doi: 10.1007/s12328-021-01382-x. Epub ahead of print.

4. Efficacy of vonoprazan for refractory reflux esophagitis after esophagectomy.
Ochiai Y, Iizuka T, Hoshihara Y, et al. Digestive Diseases. 2021 Feb 10. doi: 10.1159/000515146. Epub ahead of print.

5. Double Early Rectal Cancer Arising from Multiple Inflammatory Cloacogenic Polyps Resected by Endoscopic Submucosal Dissection.
Ochiai Y, Matsui A, Ito S, et al. Internal Medicine. 2021 Feb 15;60(4):533-537.

6. Effects of alcohol consumption on multiple hepatocarcinogenesis in patients with fatty liver disease.
Ochiai Y, Kawamura Y, Kobayashi M, et al. Hepatology Research. 2021 Jan;51(1):62-68.

7. Impact of Anticoagulation Therapy on the Risk of Pulmonary Embolism and Bleeding Events in Patients with Isolated Distal Deep-Vein Thrombosis.
Ochiai Y, Yamaguchi T, Komiyama C, et al. International Heart Journal. 2021 Apr;9(4):E606-E609.

8. Esophageal Hematoma Associated with the Bolus Ingestion of Hot Coffee.
Ochiai Y, Kikuchi D, Hoteya S. Internal Medicine. 2020 Nov 1;59(21):2701-2704. doi: 10.2169/internalmedicine.5110-20.

9. Clinicopathological Features of Advanced Gastric Cancers which Were Misjudged and Subjected to Endoscopic Submucosal Dissection.
Ochiai Y, Kikuchi D, Inoshita N, et al. Gastroenterology Research and Practice. 2020 Mar 2;2020: 6525098.

10. Clinicopathological features of colorectal polyps and risk of colorectal cancer in acromegaly.
Ochiai Y, Inoshita N, Iizuka T, et al. European Journal of Endocrinology. 2020 Mar;182 (3):313-318.

11. Usefulness of multi-bending 2 channel scope (GIF-2TQ260M) in endoscopic hemostasis.
Ochiai Y, Hoteya S, Kikuchi D, et al. Progress of Digestive Endoscopy. 2019 Jun; 94 (1): 52-55.

12. Two cases of large rectal villous neoplasm resected by ESD.
Ochiai Y, Mitani T, Kaise M, et al. Progress of Digestive Endoscopy. 2017 Jun;90(1): 142-143.
(第102回 日本消化器内視鏡学会 関東支部例会 専修医優秀賞)

13. Risk of colorectal neoplasm in patients with acromegaly.
Yorinari Ochiai, Toshiro Iizuka, Shu Hoteya.
United European Gastroenterology (UEG) Week. 2017, Barcelona.
(日本消化器病学会 若研究者のための国際学会参加費助成)

14. 日本学術振興会 科学研究費助成事業 2020年度 基盤C
Grant-in-Aid for Scientific Research (C) from Japan Society for Promotion of Science. (2020)
マウスオルガノイド発癌モデルを用いた大腸癌遺伝子変異と薬剤感受性の関連性の探索

15. 冲中記念成人病研究所 2021年度 上期研究助成
Grant-in-aid for Okinaka Memorial Institute for Medical Research
ヒト消化管腫瘍および消化管正常粘膜に対する最適なオルガノイド培養法の確立

Copyright © 2022 冲中記念成人病研究所 All Rights Reserved.