競争的資金等の運営・管理について

(公財)冲中記念成人病研究所における競争的資金等の運営・管理における行動規範

競争的資金等には、冲中記念成人病研究所(以下、研究所とする)に交付されるものと、個々の研究者の研究遂行のためのものがあるが、個人への補助の性格を有するものであっても、その原資が国民の税金である以上、国民の信頼に応えるため、その管理は研究所の責任において行う、ということを原則とする。

不正の発生の背景には個人のモラルの問題だけでなく、組織による取り組みの不十分さという問題があるということを職員全員が認識し、競争的資金の管理を委ねられた機関として、不正を誘発する要因を除去し、抑止機能のある環境と体制の構築を図らねばならない。

不正発生を根絶するには、研究者、研究者コミュニティの自己決定によるルールと体制作りが前提であり、それに従うことが研究者倫理であるという意識を浸透させる。

研究者は、不正の問題は研究所全体、さらには広く研究活動に携わるすべての者に深刻な影響を及ぼすものであることを十分に認識しなければならない。

事務職員は専門的能力をもって競争的資金の適正な執行を確保しつつ、効率的な研究遂行を目指した事務を担う立場にあると認識しなければならない。
研究費の使用について運営・管理状況を点検・把握し、必要とする場合は、指導又は改善の措置を取らなければならない。

Copyright © 2017 冲中記念成人病研究所 All Rights Reserved.