研究所ニュース No.4552019.10.11(金)

平成2019年10月10日

2020年度 研究助成(上期募集分)の決定

冲中記念成人病研究所の事業として、7月から募集しておりました研究助成に多数の応募があり、審査会ならびに研究委員会で審査した結果、次の18件に対し助成することを決定いたしました。

1.Direct-acting antivirals 治療効果におけるHCV 薬剤耐性と宿主要因のインパクト
(芥田 憲夫 肝臓内科)

2.Helicobacter cinaedi(ヘリコバクター・ シネディ)感染症に関する研究
(荒岡 秀樹 臨床感染症科)

3.アルツハイマー型認知症のエクソソーム解析と発症素因と臨床的バイオマーカーの検索-2
(井桁 之総 高齢者総合診療部)

4.造血幹細胞移植後の肺病変に関する臨床的・病理学的検討
(宇留賀 公紀 呼吸器センター内科)

5.脂質異常症の原因についての研究
(大久保 実 内分泌代謝科)

6.食道癌治療中のQOL 変化と精神的ストレスとの関連に関する検討
(大倉 遊 消化器外科)

7.尿酸と骨粗鬆症との関連を明らかにする
(桑原 政成 集中治療科・循環器センター内科・高齢者総合診療部)

8.肝切除術周術期におけるトルバプタンの安全性および有用性の検討
(小林 祐太 消化器外科)

9.肝細胞癌に対する解剖学的切除の意義に関する検討
(進藤 潤一 消化器外科)

10.B型肝炎症例に対するテノホビルディポキシルフマレイト (TDF) 治療の長期成績と効果に関係する因子の検討
(鈴木 文孝 肝臓内科)

11.Body mass index (BMI) が常染色体優性多発性囊胞腎(ADPKD) の進行速度に及ぼす影響について~米国と日本の国際比較研究~
(諏訪部 達也 腎センター内科)

12.多発性囊胞腎患者における遺伝子変異と脳動脈瘤の関係性について
(関根 章成 腎センター内科)

13.クッシング病におけるUSP8 依存性シグナル伝達ネットワーク機構異常の解明
(竹下 章 内分泌代謝科)

14.中枢性尿崩性で発症した下垂体炎の病態解析:IgG4、抗rabphilin-3A 抗体、MRI 所見、組織所見の検討
(西岡 宏 間脳下垂体外科)

15.腎不全患者におけるデノスマブ投与後のカルシウム変動と血管石灰化の検討
(星野 純一 腎センター内科)

16.Multidisciplinary discussion により診断された特発性肺線維症症例における気管支肺胞洗浄液所見の意義に関する研究
(宮本 篤 呼吸器センター内科)

17.同種造血幹細胞移植における侵襲性真菌感染症の二次予防に関する研究
(森 有紀 血液内科)

18.糖尿病性腎症における腎障害進展機序の解明:腎免疫染色および eGFR trajectory 解析を用いたコホート研究
(山内 真之 腎センター内科)

寄付ご芳名

研究所ニュース454以後、下記の方よりご寄付がありました。

吉田nbsp;博子 様

貴重なご寄付につきましては、ご芳志に添うよう医学研究のため役立たせていただきます。誠にありがとうございました。
みなさまのご健勝、ご多幸を心からお祈り申し上げます。

当研究所は、第2代虎の門病院長、冲中重雄先生の文化勲章受章(昭和45年11月)を記念し、政・財界の支援を得て昭和48年5月設立いたしました。 虎の門病院と密接な関係のもと、成人病(生活習慣病)の臨床的及び基礎的研究を行っております。
研究実績を臨床の場に還元できますよう一層努力してまいる所存でございます。
今後とも皆様のご支援ご指導をよろしくお願い申し上げます。

Copyright © 2019 冲中記念成人病研究所 All Rights Reserved.