研究所ニュース No.4312017.02.09(木)

平成29年2月1日

遺伝子組換え生物等安全委員会を開催

「遺伝子組換え生物等の使用等実験計画」に該当する研究について、安全面での審査会が、1月11日(水)当研究所内で開催されました。 4件の申請があり、全て承認されました。

理事会・評議員会の開催日程

主に平成29年度予算に関する審議を行うため、理事会・評議員会を下記の日程で開催いたします。

理事会

日 時:
平成29年2月21日(火)
午後2時~3時
場 所:
虎の門病院 本館6階会議室

評議員会

日 時:
平成29年3月9日(木)
午後2時~3時
場 所:
経団連会館 会議室

第42回 冲中記念成人病研究所 研究報告会
(平成28年度)開催のお知らせ

本報告会は、平成28年度助成事業に於いて行った研究活動の成果を発表していただくもので、多くの皆様の参加を期待いたします。尚口演される先生方の抄録は例年通り当日配布いたします。

日 時:
平成29年3月4日(土)
午前9時45分~午後4時45分
場 所:
虎の門病院 本館3階講堂

< 研究課題 研究者 発表順 >

  • 血中の分泌型癌抑制microRNAを指標とした胃癌の新たな診断・核酸治療法の開発
    小松 周平(京都府立医科大学)
  • アクロメガリー下垂体腺腫における異所性G蛋白共役受容体遺伝子発現の検討
    竹下 章、山田 正三、竹内 靖博(虎の門病院)
  • アルドステロン産生腺腫に判明したイオンチャネル・ポンプ遺伝子体細胞変異が腺腫形成に関与する分子基盤の解明
    西本 紘嗣郎(立川病院)
  • 糖原病Ⅲ型の遺伝子変異と機能に関する検討―2
    大久保 実(虎の門病院)、 村勢 敏郞(冲中記念成人病研究所)
  • ヒトLPL遺伝子の転写抑制機序の解明
    雨宮 三千代(冲中記念成人病研究所)
  • 糖尿病と認知機能障害―6
    -糖尿病ラットの認知機能障害のメカニズムについて-
    新郷 明子(冲中記念成人病研究所)
  • 非小細胞肺癌におけるROS1転座の検討
    岸 一馬、高橋 由衣、中村 信之、府川 孝子、藤井 丈士(虎の門病院)
  • 高精細融合3次元画像を用いた顕微鏡誘導型手術ナビゲーションの開発と臨床応用
    吉野 正紀、原 貴行(虎の門病院)
  • ACTH 系への分化を示す非機能性下垂体腺腫の臨床病理学的研究
    西岡 宏、山田 正三、井下 尚子(虎の門病院)
  • 筋炎症例における筋・筋膜の病理変化に関する検討
    前田 明子、上坂 義和、神崎 真実(虎の門病院)
  • RANKL部分ペプチドを用いた脳梗塞後の新規炎症制御療法の開発
    島村 宗尚(大阪大学大学院)
  • 腹部大動脈瘤石灰化率のスコア化と瘤径拡大速度の予測式についての検討
    中山 敦子(東京大学医学部附属病院)
  • 老年疾患進展における概日リズム障害のモデル化
    田宮 寛之(東京大学医学部附属病院)
  • 前立腺肥大症のα1遮断薬投与後に残存する蓄尿症状に対するタダラフィルあるいは抗コリン剤追加投与の前向き無作為比較試験
    浦上 慎司、岡根谷 利一、黒澤 和宏、阪口 和滋
    安食 春輝、永本 将一、岡 優(虎の門病院)
  • Helicobacter cinaedi(ヘリコバクター・シネディ)感染症に関する研究
    荒岡 秀樹、馬場 勝、米山 彰子(虎の門病院)
  • C型肝炎難治症例に対する直接作用型抗ウイルス薬併用療法
    芥田 憲夫、熊田 博光(虎の門病院)
  • B型肝炎症例に対するエンテカビル治療の長期成績と効果に関係する遺伝子多型(SNPs)の検討
    鈴木 文孝、熊田 博光(虎の門病院)
  • HBs抗原陰性化達成によるdrug freeを目指した治療に関する検討
    鈴木 義之、熊田 博光、小林 万利子(虎の門病院)
  • 非小細胞肺癌におけるMET exon 14 skipping変異の臨床病理学的検討
    藤井 丈士、宇留賀 公紀、中村 信之、府川 孝子、河野 匡、岸 一馬(虎の門病院)
  • オルガノイドを用いた胆道系悪性腫瘍の包括的モデルの確立
    筆宝 義隆(千葉県がんセンター研究所)
  • 胃癌リスクバイオマーカーであるtrefoil factor3の組織内発現に関する検討
    貝瀬 満、布袋屋 修、飯塚 敏郎、三谷 年史、松井 啓、菊池 大輔、山田 晃弘、小川 修
    古畑 司、栗林 泰隆、野村 浩介(虎の門病院)
  • 表在食道癌内視鏡切除後狭窄予防策の開発 動物実験での基礎研究
    飯塚 敏郎、菊池 大輔、山田 晃弘(虎の門病院
  • 大腸癌の病的蛋白間相互作用の解明とその阻害による癌選択的抑制治療の開発
    仲矢 丈雄(自治医科大学)
  • 大腸癌肝転移に対する化学療法の形態学的奏効のkineticsに関する検討
    進藤 潤一、橋本 雅司、西岡 裕次郎、國土 典宏、吉岡 龍二(虎の門病院)
  • 胃癌起源細胞の同定と治療応用
    早河 翼(東京大学医学部附属病院)
  • 新規肝外胆管癌発症システムの構築と分子発生機序解明
    中川 勇人(東京大学医学部附属病院)
  • 糖尿病性腎症病理分類の臨床的意義に関する検討
    星野 純一、乳原 善文(虎の門病院)
  • 血清TNFR値と腎生検所見・腎予後との関係および腎予後指数(renal risk score)の開発
    山内 真之、乳原 善文、高市 憲明(虎の門病院)
  • 腎生検で診断された糖尿病性腎症における尿細管滲出性病変の検討
    ~傍尿細管基底膜滲出性病変の予後因子としての意義~ 三瀬 広記(岡山大学病院)
  • 人工多能性幹細胞を用いた慢性骨髄単球性白血病の病態解明と治療法の探索
    宮内 将(東京大学医学部附属病院)
  • 非寛解期の急性骨髄性白血病に対する臍帯血移植において移植前の白血病幹細胞が移植後再発に与える影響についての解析
    髙木 伸介、谷口 修一、米山 彰子、和氣 敦、伊豆津 宏二、内田 直之、森 有紀
    山本 豪、山本 久史、石綿 一哉、西田 彩、梶 大介、景山 康生、湯淺 光博(虎の門病院)
  • 臍帯血移植におけるミコフェノール酸モフェチルの血中濃度測定
    内田 直之、谷口 修一(虎の門病院)

寄付ご芳名

研究所ニュース430号以後、下記の方よりご寄付がありました。

甲賀 真弓 様 生須 清一 様

貴重なご寄付につきましては、ご芳志に添うよう医学研究のため役立たせていただきます。誠にありがとうございました。
みなさまのご健勝、ご多幸を心からお祈り申し上げます。

当研究所は、第2代虎の門病院長、冲中重雄先生の文化勲章受章(昭和45年11月)を記念し、政・財界の支援を得て昭和48年5月設立いたしました。虎の門病院と密接な関係のもと、成人病(生活習慣病)の臨床的及び基礎的研究を行っております。
研究実績を臨床の場に還元できますよう一層努力してまいる所存でございます。
今後とも皆様のご支援ご指導をよろしくお願い申し上げます。

Copyright © 2017 冲中記念成人病研究所 All Rights Reserved.