今月の研究者

西岡 宏

西岡 宏

【キャリア】
私は1986年東京医科大学卒業後、同大学の脳神経外科に入局しました。1990年の米国NY州Montefiore Medical Center神経病理学教室(平野朝雄教授)への留学前後から間脳下垂体疾患に興味を持ち、これまでその臨床(内分泌〜外科治療)と病理を自分のライフワークとして勤しんでまいりました。この間、国内外の様々な先生方との出会いがあり、その一つのご縁で2010年から虎の門病院間脳下垂体外科に移籍し現在にいたっております。当院は臨床症例数、スタッフや診療実績など間脳下垂体疾患診療にきわめて恵まれた環境にあり充実した毎日に感謝しております。

【研究分野】
間脳下垂体疾患は基本的に良性疾患でありますが、診療の醍醐味は脳神経外科だけでなく、内分泌内科、小児内分泌内科や内分泌病理など多くの科が交錯することにあります。研究に関しても手術法の創意工夫やその成績などの脳神経外科的な内容、内分泌疾患としての病態解明や内科的治療などに関するもの、画像所見やこれらと病理組組織学的な関連など様々な方向性があり、これを実践してまいりました。近年では分子生物学的な手法を中心に他施設との共同研究も様々な方面で行っております。

【今後の豊富とアピール】
基本となる日々の臨床診療で得られた疑問や未解決の問題点につき丁寧にアプローチしていきたいと考えております。具体的には難治性腫瘍の病態解明や治療法の解明、ラトケ嚢胞の長期予後に基づく治療法の確立、様々な下垂体炎症性病変の病態解明や治療法の確立、腺腫の予後予測や治療により有用な組織所見の解析やより安全より確実な手術方法の検討などです。引き続きご支援よろしくお願いいたします。

発表・論文

【発表・論文】

1) Nishioka H, Kontogeorgos G, Lloyd RV, Lopes BS, Mete O, Nose V. Pituitary gland: Null cell adenoma. In: WHO classification of tumours of endocrine organs. 4th edition. Lloyd RV, Osamura RY, Klöppel G, Rosaï.J (eds) IARC, Lyon, 2017 (in press)

2) Nishioka H. Recent evolution of endoscopic endonasal surgery for treatment of pituitary adenomas. Neurol Med Chir [Epub ahead of print] Feb 24, 2017.

3) Nishioka H, Fukuhara N, Yamaguchi-Okada M, Yamada S. Endoscopic endonasal surgery for purely intra-third ventricle craniopharyngioma. World Neurosurg 91:266-271, 2016

4) Nishioka H, Inoshita N, Mete O, Asa SL, Hayashi K, Takeshita A, Fukuhara N, Yamaguchi-Okada M, Takeuchi Y, Yamada S. The complementary role of transcription factors in the accurate diagnosis of clinically nonfunctioning pituitary adenomas. Endocr Pathol 26: 349-355, 2015

5) Nishioka H, Fukuhara N, Horiguchi K, Yamada S. Aggressive transsphenoidal resection of tumors invading the cavernous sinus in patients with acromegaly: predictive factors, strategies, and outcomes. J Neurosurg 121 (3) 505-510, 2014

6) Nishioka H, Inoshita N, Sano T, Fukuhara N, Yamada S. Correlation between histological subtypes and MRI findings in clinically nonfunctioning pituitary adenomas. Endocr Pathol 23: 151-6, 2012

7) Nishioka H, Hara T, Usui M, Fukuhara N, Yamada S. Simultaneous combined supra-infrasellar approach for giant/large multi-lobulated pituitary adenomas. World Neurosurg 77: 533-9, 2012

8) Nishioka H, Tamura K, Iida H, Kutsukake M, Endo A, Ikeda Y, Haraoka J. Co-expression of somatostatin receptor subtypes and estrogen receptor-alpha mRNAs by nonfunctioning pituitary adenomas in young patients. Mol Cell Endocrinol 331: 73–78, 2011

9) Nishioka H, Shibuya M, Ohtsuka K, Ikeda Y, Haraoka J. Endocrinological and MRI features of pituitary adenomas with marked xanthogranulomatous reaction. Neuroradiology 52: 997-1002, 2010

10) Nishioka H, Shibuya M, Haraoka J. Immunohistochemical study for IgG4-positive plasmacytes in pituitary inflammatory lesions. Endocr Pathol 21: 236-241, 2010

Copyright © 2017 冲中記念成人病研究所 All Rights Reserved.