今月の研究者

澤 直樹

澤 直樹

1) 簡単なキャリアー(研究面・臨床面)
虎の門病院の前期内科レジデントとし入職して以来、臨床面では虎の門病院、研究面では冲中研究所にお世話になっております。研究は主に臨床の症例のまとめたものです。最近の業績はその他の項に記しております。

2) 研究分野
臨床における私独自の業績は3つあります。一つ目は腎ドップラーエコーによる腎動脈狭窄の評価や腎実質の血流評価。二つ目は敗血症性ショックに対するVasopressin療法。最後に関節リウマチ等の関節、滑膜炎の画像評価法です。関節超音波やMRI、骨糜爛評価のためのCT、炎症性疾患評価のためのPET等、膠原病画像評価を多岐に渡って行っております。

3) 今後の抱負、アピール
今後も臨床に基ずく研究を進め、冲中研究所の発展に尽くしていきたいと考えております。

発表・論文

4) その他(研究活動一般への業績論文)

Imafuku, A. Sawa Naoki., et al. (2019). "Incidence and risk factors of new-onset hypertrophic pachymeningitis in patients with anti-neutrophil antibody-associated vasculitis: using logistic regression and classification tree analysis." Clin Rheumatol 38(4): 1039-1046.

Imafuku, A. Sawa Naoki., et al. (2018). "Risk factors of ceftriaxone-associated biliary pseudolithiasis in adults: influence of renal dysfunction." Clin Exp Nephrol 22(3): 613-619.

Imafuku, A. Sawa Naoki., et al. (2017). "Acquired hemophilia A that developed during the induction of hemodialysis: the use of double-filtration plasmapheresis." Clin Nephrol 87 (2017)(3): 147-151.

Copyright © 2019 冲中記念成人病研究所 All Rights Reserved.