今月の研究者

松山 重文

松山 重文

キャリア
私は2000年に佐賀大学を卒業した後、同大学の胸部心臓血管外科に入局いたしました。その後同大学の関連病院で心臓血管外科の修練を行い、2008年より東京都府中市にある榊原記念病院へ移り心臓血管外科の臨床医としてさらなる修練を行いました。同病院では、多くの心臓血管外科手術の経験を積ませていただくとともに、胸部大動脈疾患に対する弓部大動脈人工血管置換術における人工心肺のstrategyについての研究や、大伏在静脈の採取法の研究などを行い、学会発表、論文発表を行いました。2012年より帝京大学医学部心臓血管外科へ赴任し、臨床医としてだけではなく、学生・研修医の教育に携わるとともに、ラットの心移植モデルを使用した移植・免疫の研究に従事していました。2017年より新東京病院心臓血管科へ移り研鑽を積み、2019年5月より虎の門病院循環器センター外科部長として赴任いたしました。

研究分野
冠動脈バイパス術におけるグラフト選択およびグラフト採取法についての臨床研究を行っています。冠動脈バイパス術では、内胸動脈、大伏在静脈、胃大網動脈、橈骨動脈などがグラフトとして使用されます。これらのグラフトを、年齢や併存疾患を考慮してどのように組み合わせて手術を行うのが最も良い効果を得ることができるのかを検証しています。さらに、近年は冠動脈バイパス術の適応となる患者さんは糖尿病や腎不全などを合併している重症患者さんが増えています。そのような患者さんに大伏在静脈グラフトを使用する際、従来の通りの採取法では創合併症の頻度が高いことが報告されています。そのため当院では創合併症を軽減するため、小さな創で採取する内視鏡下採取法を取り入れており、その採取法の長所、短所を検証しています。
また、我々の分野の中でも非常に侵襲の大きい手術である胸部大動脈手術の際の人工心肺のstrategyや手術方法に関する臨床研究もおこなっています。

今後の抱負
これまで同様、循環器疾患の患者さんの外科的治療に関わっていくとともに、虎の門病院の心臓手術データベースを構築し様々な臨床研究を行なっていきたいと考えています。

発表・論文

論文

1. Yin E, Matsuyama S, Uchiyama M, Kawaie K, Hara M, Imazuru T, Konoa M, Niimi M. Administration of thrombomodulin (CD141) could improve cardiac allograft survival in mice. Transplant Proc 2018; 50: 2794-7.

2. Yin E, Matsuyama S, Uchiyama M, Kawai K, Niimi M. Graft protective effect and induction of CD4+Foxp3+ cell by thrombomodulin on allograft arteriosclerosis in mice. J Cardiothorac Surg 2018; 13:48.

3. Matsuyama S, Imazuru T, Nakagawa K, Ikeda T, Harada T, Ota H, Ozawa N, Iida M, Shimokawa T. A case of an elderly man who required repeated repair of a ventricular septal defect and tricuspid rupture after blunt chest trauma. Gen Thorac Cardiovasc Surg 2018; 66: 480-3.

4. Imazuru T, Uchiyama M, Matsuyama S, Iida M, Shimokawa T. Surgical treatment of a huge hepatic artery aneurysm without revascularization—Case Report. Int J Surg Case Rep 2018; 51: 95-8.

5. Uchiyama M, Yin E, Yanagisawa T, Jin X, Hara M, Matsuyama S, Imazuru T, Uchida K, Kawamura M, Niimi M. Yogurt feeding induced the prolongation of fully major histocompatibility complex–mismatched murine cardiac graft survival by induction of CD4 + Foxp3 + cells. Transplant Proc 2017; 49: 1477-82.

6. Matsushita A, Tabata M, Fukui T, Sato Y, Matsuyama S, Shimokawa T, Takanashi S. Outcomes of contemporary emergency open surgery for type A acute aortic dissection in elderly patients. J Thorac Cardiovasc Surg 2014; 147: 290-4.

7. Matsuyama S, Tabata M, Shimokawa T, Matsushita A, Fukui T, Takanashi S. Outcomes of total arch replacement with stepwise distal anastomosis technique and modified perfusion strategy. J Thorac Cardiovasc Surg 2013; 143: 1377-81.

8. Yamamoto K, Fukui T, Matsuyama S, Tabata M, Aramoto H, Takanashi S. Prior cardiac and thoracic aortic surgery as a complication risk factor for abdominal aortic aneurysm repair. Circulation J 2012; 76: 1380-4

9. Shimokawa, T, Kasegawa H, Katayama Y, Matsuyama S, Manabe S, Tabata M, Fukui T, Takanashi S. Mechanism of recurrent regurgitation after valve repair for prolapsed mitral valve disease. Ann Thorac Surg 2011; 91: 1433-9.

10. Fukui T, Tabata M, Matsuyama S, Takanashi S. Graft selection in elderly patients undergoing coronary artery bypass grafting. Gen Thorac Cardiovasc Surg 2011; 59: 786-92.

Copyright © 2020 冲中記念成人病研究所 All Rights Reserved.